誤表記によるメールアドレスの流出について
2021.03.16 お知らせ

 この度、Shinobiライティング運営事務局より2021年3月15日(月)に配信しましたメールマガジンにおきまして、本文とは関係のないメールアドレスを表示した状態で送信していたことが判明いたしました。

 関係者の皆様に、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

1.本件の概要
・配信日時
2021年3月15日(月)22時頃(弊社メールマガジン配信システムの処理開始時間)
・メールマガジンの件名
【3月20日(土)開催!】ウェビナー 2021年必須のWebライティングの極意!高単価案件を獲得できるWebライターに求められるスキルとは

 本メールマガジンにおいて、その一部が表題とは関係のないメールアドレスが本文に表示された状態で送信されました。
不適切なメールマガジンの配信総数は21,757通、表示されていたメールアドレスは2,752件です。

2.発生原因
 Shinobiライティング運営事務局において、本件メールマガジンを送信する際に、人為的なミスによりメールマガジン配信システム内のメール本文を設定する場所に誤って別の配信リストを設定しまった結果、本件が発生いたしました。
・メールマガジン配信数 21,757
・メールアドレス記載数  2,752

3.流出した情報
 メールマガジン登録者2,752人のメールアドレス
 ※メールアドレスの文字列情報のみで他の情報の流出はありません。

4.受信者様への対応
 当該メールの受信者様に対し、メールアドレス流出に関するお詫びと、当該メールの破棄・削除をお願いするメールを本日送信しております。

5.再発防止策
 再発防止のために、配信オペレーションの見直しとメールマガジン配信システムの改修を実施いたします。複数人による配信オペレーションとシステムによる自動的な表記判定を組み合わせ、送信前のチェックが適切に行われるよう業務改善いたします。
 また、改めて社員に対し適切な個人情報等の管理、取扱いについて周知徹底いたします。

なお、この件に関して、ご質問等がある場合には下記お問い合わせ先にご連絡ください。

——

【本件に関するお問い合わせ先】
CROCO株式会社 個人情報問合せ窓口
info@cro-co.co.jp
https://cro-co.co.jp/form/