かつて作成したコンテンツを有効活用!データに基づいたリライトサービスを提供開始
2018.03.14 プレスリリース

検索エンジンやソーシャルメディアなどのプラットフォームは日々アルゴリズムの開発と更新を続け、また企業やサービス・商品に対するユーザーのインサイトも日々変化しております。

過去に作ったコンテンツが各種プラットフォームのアルゴリズムや仕様に対応していない、またユーザーのインサイトをとらえていない状況を解消すべくCROCO株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:栗田佳典)は、過去に作成した記事コンテンツの有効活用を目的にリライトサービスの提供を開始いたしました。

特定のキーワードで上位表示されているWEBサイトのテキストをすべて収集し、自然言語処理テクノロジーを駆使して「タイトル」「見出し」「コンテンツ」をスコアリングいたします。

スコアリング結果に応じて既存のコンテンツの「タイトル・見出し」「コンテンツ」の最適化を行います。文章構成の変更やタイトルの最適化、必要に応じて共起語の追加(共起語検索のみの場合はこちら https://lp.biz-samurai.com/entich/ )等を行い、既存コンテンツのメンテナンスを行ってまいります。

■リライトサービス提供開始
https://cro-co.co.jp/service/create/

提供開始日:2018年3月14日

高い製作費・長い時間をかけて制作したコンテンツを眠らせたままにせず、リライト(再編集)することにより再び日の目を見ることができればライター冥利にもつきますし、有用な資産として企業様にもご活用いただけることになるでしょう。

1社でも多くのお客様、1人でも多くのライターの方がゆたかになるよう、引き続きサービス向上に努めてまいります。